あなたが個人事業主や法人企業で高額な商品を販売する際、お客様がローンを使って買いたいということがあった場合、どのように対応するべきでしょうか?

実は、そんなときのローンも多く存在します。

車の売買の場合はオImage result for 顧客へのローンートローン、その他はフリーローンやカードローンを使うことで多くの場合解決できます。

自動車販売店であれば銀行で扱っているオートローンが契約でき、高額な商品を売っているお店の場合もフリーローンなどを利用できます。これらの場合は契約すればかなりスムーズな取引が可能になると言えます。

オートローンは自動車の売買に特化したローンなので、比較的低金利で組むことができます。しかし個人売買の場合はフリーローンで借り入れすることが多いと思います。フリーローンは少し金利が高くなってしまいますが、どうしても個人売買でローンを使いたいときは、こちらを利用するしかないでしょう。

その他の高額商品(バッグや洋服など)については、カードローンやフリーローンの借り入れになります。オートローンと比べると少し金利は高くなりますが、購入できるものはかなり自由になるため、対象をあまり選ぶことなく借り入れできることが利点と言えるでしょう。

お客様がご自身でローンを組みたいと申告してきた場合でも、大手のローンであれば問題無いでしょう。最近はそのようなお客様も増えてきているようです。しかしその場合、相手の情報や契約書の確認はしっかりとしておき、書類などに不備が無いように契約を進めましょう。