事業用ローンとは、起業するための資金調達や事業拡大のために借り入れするローンです。

一言で「事業用資金」と言っても、その資金の用途が制限されているものもあります。また、個人事業主でも利用できるか、保証人が必要か、担保が必要かなどの要件によっても、利用できるものとできないものがあるので注意が必要です。

各銀行もしくは金融公庫、労働金庫からの借り入れが一般的ですImage result for 主なビジネスローンが、銀行からの融資は審査が厳しいため、初めての場合や個人事業主で比較的少額の場合は金融公庫や労働金庫からの借り入れをお勧めします。金融公庫や労働金庫の場合は創業計画書なども必要となるため審査が少し複雑になりますが、初めて借り入れされる方にも比較的通りやすいローンと言えます。

いずれにしても、綿密な事業計画、返済計画は必須条件となります。また、複数箇所からローンを借りて延滞している場合や、税金の滞納などは基本的に融資がおりない原因になるので、しっかりと完済してから相談するようにしましょう。

起業や事業拡大のローンだけではなく、企業再生、再建のためのローンもあるので、まずは各金融機関に足を運んで話を聞くのもひとつの手だと言えます。

近年は病院・診療所や農家・リフォーム業など特定の業種を対象とした細分化された事業者ローンも増えてきています。こうした範囲が狭いローンは、幅広い用途に使える事業者ローンよりも金利が安い場合が多いのでお得です。

事業者ローンを選ぶ上では金利も大事ですが、担保や返済期間など、総合的に見て最も自身にとって有利な事業者ローンを選ぶようにしましょう。