中小企業や個人事業主にとってのビジネスローンは、主に二つに分かれます。

ひとつは銀行などの金融機関から借り入れする事業用ローン、もうひとつは金融公庫からの借り入れです。銀行などの金融機関から借りられる可能性もありますが、審査がかなり厳しくなるので、最初は金融公庫からの借り入れを検討するといいでしょう。

金融公庫からの借り入れの場合、銀行などと比べて審査関係書類が多くなりますがImage result for 主なビジネスローン、その分自分のやりたいことや計画がはっきりと見られるので、計画の有効性や将来性を再認識する面でも効果的と言えます。

例えば、創業計画書、事業計画書、収支計画書など、事業に必要な計画を数値化、具体化した書類の提出が必要になります。これら以外にも、事業の概要をパワーポイントなどにまとめて簡潔に説明できる資料を用意しておくと良いでしょう。

また、基本的には無担保融資ですので、保証人や担保が無い場合にも借り入れしやすいのが金融公庫のローンの利点です。他に借り入れがある場合にも、あまりにも多すぎず、しっかりと返済していればマイナス評価には繋がらないでしょう。

しかしながら、金融公庫は国が運営している団体であるため、税金関係の滞納や未納がある場合には審査においてかなりマイナスとなる場合があります。しっかりと納めるものは納めてから申請をするようにしましょう。

金融機関と比べて手順は多いですが、ストレートに審査が通れば申請から一ヶ月ほどで融資がおります。最初は金融公庫から始め、利益が出たら銀行などから借り入れするという方法もアリですね。